【自宅でOK】ホワイトニング歯磨きジェルおすすめランキング

【自宅でOK】ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

最近、歯の色が黄ばんできているように感じて、歯磨きのたびに憂鬱な気分になってはいないでしょうか。

"歯を白くしたいけど、時間がなくて歯医者に定期的に通う暇がないという方は、自宅でできるホームホワイトニングを試してはいかがでしょうか。

 

 

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは?

まず、ホワイトニングとは歯に付着した色素を落とす、
あるいは、歯の中の色素を分解するなどを行って歯を明るくする技術で、
1989年にアメリカで実用化されました。

 

ホワイトニングは、過酸化水素が分解する際に発生するヒドロキシラジカルやヒドロペルオキシラジカルなどのフリーラジカルが、歯の着色有機質の二重結合部分を切断して低分子化することにより起こる「無色化」により、歯の明度を上げることにより白くする方法である。

出典:ホワイトニング - Wikipedia

 

以前は、歯を削ってセラミックをかぶせて白くする、または、
差し歯にするということでしか対応できなかったのですが、
この技術のおかげで自分自身の歯を白くする事ができるようになりました。

ホワイトニングには、主に二通りの方法があります。

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング

 

① オフィスホワイトニング

実際に歯科医院にいって施術をしてもらう、オフィスホワイトニングです。

これは、ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、
ハロゲンライトなどを照射して歯の中にある色素を分解させる方法です。

 

② ホーム(自宅)ホワイトニング

もう一つは、専用のキットを使って自宅で行なう、ホームホワイトニングです。

マウスピースなどに薬剤をいれて、それを歯に浸透させて表面の汚れを取る方法が一般的のようです。

 

 

歯を白くしたい!自宅でできるホワイトニング歯磨きジェル

ホワイトニング歯磨きジェルは【人工的】なホワイトニングではなく【自然の力】で歯を白くします。

  • 黄ばみ
  • 虫歯
  • 口臭
  • 歯周病

これらのお口の悩みを解決してくれます。

ホワイトニングはお金もかかるし、通わないといけないので何かと面倒です。

でも、歯磨きジェルであれば自宅で気軽に毎日続けられ、コスパも非常に良いので人気を集めています。

 

 

 

自宅ホワイトニング歯磨きジェルの選び方

  1. 安心して使える成分
  2. 予防もできる
  3. お口の環境を整えられる

① 安心して使える成分

歯磨きは口の中に入れて使用するので、できるだけ安心して使うことができる成分でできているものがオススメです。

② 予防もできる

白い歯を持続させるために、着色汚れが再度付着してしまうのを防いでくれる働きのあるものを選ぶのがオススメです。

③ お口の環境を整えられる

着色汚れを落とすのはもちろんですが、歯磨きなので口の中を清潔にして健康に保つことも大切です。

 

 

自宅でできるホワイトニング歯磨きジェルおすすめランキング

1位 キラビアンカ

特徴

ホワイトニング成分が6種類配合。SNSで話題の歯磨きジェル

ホワイトニング成分

・ポリリン酸Na、ピロリン酸Na、メタリン酸Na、スイカズラエキス、パパイン、ハイドロキシアパタイト

価格

単品:6,800

定期:100円

公式サイトはこちら

 

2位 薬用トゥースメディカルホワイトEX

特徴

一般的な歯磨き粉の美白成分と比べると、3倍ものホワイトニングパワーに期待できる

お口への優しさ

・研磨剤、漂白剤、発泡剤、防腐剤、合成着色料、パラベン不使用。

価格

単品:3560円+送料650円=4210円

定期:2本で5,690円(送料無料)

公式サイトはこちら

 

3位 トゥースプロフェッショナル

特徴

歯垢を除去する成分が配合されているので、ホワイトニングと同時に虫歯予防もできる

お口への優しさ

・研磨剤、防腐剤、発泡剤不使用。

価格

単品:1,850

公式サイトはこちら

 

 

通常の歯磨き粉とホワイトニング歯磨きジェルの違い

歯磨き粉とホワイトニングの歯磨きジェルの違いは何でしょうか?

ホワイトニングの歯磨きジェルで通常の歯磨きをしても大丈夫?そんな疑問が出てきますよね。

歯磨き粉と歯磨きジェルは成分が異なります

歯磨き粉とホワイトニング歯磨きジェルの

つまり、歯磨き粉と歯磨きジェルの成分の違いを簡単にいうならば、

・『研磨剤』と『発泡剤』が含まれるもの=歯磨き粉
・『研磨剤』と『発泡剤』が含まれないもの=歯磨きジェル

とご理解していただければよいでしょう。

出典:大阪市阿倍野区西田辺のえがしら歯科

 

ジェルと歯磨き粉の比較表

ジェル 歯磨き粉
研磨剤 ×
使用している
ホワイトニング効果
使用感
価格
少し高い

安い

 

歯磨き粉に使われる主な研磨剤成分

  • リン酸水素カルシウム

  • リン酸水素ナトリウム

  • 炭酸カルシウム

  • 水酸化アルミニウム

  • 無水ケイ酸

出典:JDMA日本歯磨工業会

 

自宅ホワイトニングのメリット・デメリット

気軽に行なえるようになったホームホワイトニングですが、どのような長所や短所があるのでしょうか。

メリット

長所として、料金が安くすむ、自宅で行なえるので歯科医院に行かずにすむ、

自分の思い通りのレベルまで歯を白くすることができる、などがあげられます。

歯医者が苦手な方はもちろん、時間がなくて通えないという方には向いていると思います。

また、歯の白さの調整が自分自身で行なえることや、やめるタイミングを自分で決められます。

デメリット

短所としては、歯科医院で行なうオフィスホワイトニングに比べると時間がかかる、ということがあげられます。

これは、自宅で行なうため、使用する薬剤が安全性の面を考慮してマイルドになっていて、
効果が出るまでに時間がかかるからです。

また、自分自身で施術や管理をしなければいけないので手間がかかります。

注意

虫歯や知覚過敏がある方は、妊婦・授乳中の方は、
ホームホワイトニングは避けたほうがよいといわれています。

 

ホワイトニングはどのくらい白さが持続する?

歯科技術の発達で、
自宅でも歯を白くするホームホワイトニングが気軽に行なえるようになりましたが、
白くした後の維持はどのようにすればよいのでしょうか。

基本的には、着色料が含まれている飲食物をなるべく口にしないことです。

歯に色がつく食品類として、
コーヒー、コーラ、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、
タバコ、ブルーベリー、赤ぶどう、カレー、人工着色料を使った食品類、
濃い色のうがい薬などがあげられます。

これらのものは、歯の表面に色素がつきやすく、変色を促進するといわれています。

表面の汚れだけならクリーニングで落とすこともできますが、
頑固なものになると再びホワイトニングを行なう必要が出る場合もあるそうです。

どうしてもこれらの飲食類をやめられないという方は、飲み方を工夫してみてください。

飲み物などは、種類にもよりますが可能であれば、ストローなどを使って喉の奥で飲むようにしましょう。

口の中いっぱいに広げることが少ないので、色素が付着する確率は若干ですが少なくなるそうです。

 

ホワイトニング治療の種類

ホワイトニング治療

自分の歯を削ることなく手軽に歯の色を白くする治療法で、光やレーザーを歯に当てる
ことで歯の内部の色素を分解し、色を白くさせる方法です。ただ絵神経を取ってしまった
歯や差し歯などにはその効果はありません。

ホワイトニング治療の中で安価と言われていますが、2~4万円程度が治療費の目安に
なります。

セラミック治療

もともとは歯の一部が欠けてしまった人に対しての治療のでしたが、最近は美容目的で
使用されることが増えてきました。セラミックは人間が持つ天然の歯の色に近く、
外観も自然な形に仕上げることができ、変色も起こりにくいので日ごろのケアも
通常の歯ブラシで大丈夫です。

治療費は保険適応外の自己負担100%で、セラミックの種類のよってその金額は異なって
きます。一番強度の高い高性能なセラミックで1本8~10万円程度です。

インプラント治療

歯がなくなってしまった場所に歯根という歯の土台を直接骨に埋め込み人工の歯を被せる
治療法で、セラミックを被せることできれいな白い歯にすることが可能です。この方法は
総入れ歯になってしまった人にも有効な治療法です。

ただし、保険適応外の自己負担100%の治療なので高額の治療費がかかります。また、
治療期間はトータルで3~10ヶ月ほどかかるので通院やメンテナンスなどに多くの時間を必要とします。

ホームホワイトニング治療

専用マウスピースの中に薬剤を入れ2~8時間装着する方法で、治療費は2~5万円程度
です。寝ている間に使っている人が多いようで、アメリカでは超主流のホワイトニング。

ホームホワイトニング最大の特徴はマウスピースの作成時以外は通院しなくていいこと。
歯にもほとんどダメージを与えることはないので、希望の白になるまで自分のペースで
使用することができます。

 

 

まとめ 口臭、歯の着色汚れが気になる方はホワイトニング

あなたは初対面の人と話す時どこを見ますか?

こう質問した時、以外と多い答えが「口元」なんです。

話している時や笑った時に覗く歯が、着色汚れで黄色くなっていたらどんなふうに感じるでしょうか?

「清潔感がない」「なんだかニオイそう」など良い印象を持つという人はいませんよね…

反対に言うと、白く輝く歯は、それだけでも良い印象を与えることができるのです。

だからこそ、以前から歯のホワイトニングは注目を集めているんです。

更新日:

Copyright© おくちの部屋 , 2019 All Rights Reserved.